R&P

ステイホームでバイクをカスタム!4ミニ沼にハマる

ステイホームのこのご時世、
今こそゆっくりカスタム出来るチャンスです!!

しかし、賃貸暮らしで
ガレージのある実家に通うことができません。
ということは
ジムニーをいじることができません、、、

そこで、
こいつなら少しのスペースでカスタムが可能!!
ということで実家に眠っていた原付を引っ張り出して来ました。

こいつの魅力はジムニーと一緒で
自分で色々とカスタム出来るところ!
部品も安い!!

外出できない今、こいつを弄り倒して行きましょう!

ホンダ R&P とは

このバイクはホンダR&P 50cc 1977年製です。

ホンダR&P 公式サイト

ホンダのバイクの割に、知名度は低いと思います。
私も購入するまで存在すら知りませんでした、、、

なぜこんな古いバイクを買ったかというと、
購入したまだ高校生の頃
原付でマニュアル車を条件にバイク屋さんを巡ったところ
こいつしかありませんでした。

これを買う前、スズキセピアZZという
2st原付に乗っていました。
余裕で60km以上出すことができました。

しかし速いけど面白くない、、
やっぱりマニュアルだよねって事ですぐに乗り換えてしまったのです。

このバイクでマニュアルのいろはを学びました。
でも、とっても遅い、、、
見た目はモンキーっぽい形をしていますが
図体が二回りくらい大きく、
ゆったり乗れて乗り心地も良いのですが
いかんせん重たい、、、
さらに太いタイヤの抵抗のせいで
スピードはあんまり出ません。

しばらく乗っていましたが東京に就職したり、
長野に帰ってきてからも置き場所がなく実家に眠らせておりました。

しかし、最近引っ越して置く場所も確保できたので、
この機を逃すまいと引き上げてきました。

現状、エンジンはかかるものの高回転で失速、、、

キャブレターからガソリンダダ漏れ、、、、

まあいろいろと原因がありそうですが
なんとか直して行きたいと思います!!

カスタムの目標 やりたい事

R&Pは古いバイクですが、エンジン等ほぼエイプと一緒なので
まだまだ部品は豊富に手に入ります!!

今回の目標
●マフラー交換
●50ccのままパワーアップ
●タコメーターを付ける
●オーバーホールで快調にする

としたいと思います!!

まずはマフラー

憧れだったエイプ用スーパートラップをメルカリで購入
当時は全然お金がなくて買えませんでした、、、
これは3インチの方です。

マフラーステーはダイソーメガネレンチがぴったり!!
ダウンマフラーにするとキックペダルが
当たる聞いていましたが自分のはうまく回避しています。

ハイカムを入れる

免許がないので笑 50ccのままパワーアップを目指し、
お手軽に変えられるノーマルヘッド対応ハイカムを入れました。

 

このみんカラ記事を参考にさせて頂きました。


ポイント点火なので状態を確認したくフライホイールを外しました。
フライホイールプーラーやホルダーがないと勝負になりません



タコメーター装着

前々からどうしてもつけてみたかったタコメーター
R&Pに装着するためにはCB50のクラッチカバーと
オイルポンプに装着するギアが必要です。

このギアが肝です!!

ギアが噛み合う位置にタコメーターワイヤーの
ギアがついています。
R&P純正ケースにはこの部分には蓋がされていて
何も入っていません。

それぞれヤフオクでゲットしました。
もう希少品になってきているようでなかなか出品されず、
オークションに張り付いてやっとこさゲットしました。

 

古いガスケットを剥がすのが大変で、なんと
賃貸の部屋にエンジンを持ち込み作業をしてしまいました。

まだ引っ越してきたばかりですが、、、
こればっかりは丁寧な作業を心がけるため
室内でしっかりおこないました。

タコメーターワイヤーはAmazonでDAX用のものを購入して使用しました。

 

そして適当なステーでタコメーターを取り付けました。
タコメーターはCB50と同じギア比の1:6.5の
キタガワ製のものを準備して取り付けました。


そしてキャブレターは純正のPC08という型番の
ケイヒンのキャブレターを清掃してそのまま使います。
一応、ジェット類を新品に交換
番手は純正と同じ
メインジェット75
スロージェット38で落ちつきました。

ガソリンが漏れる原因はパッキンがちぎれていたので
新品に交換。
PC20のものがそのまま使えます。
PC08と検索しても出てきませんでした。


 

バッテリーレス化&スカチューン

個人的にロンスイは好きではないのですが、
スーパートラップ=スカチューンという安易な考え笑

と言うことでデイトナのバッテリーレスキットと
キタコのパワーフィルターを装着しました。


 

プラグキャップもボロボロでおそらく新車当時から
変わっていないのだろうと思い、コードごと
新品に交換しました。


一通りカスタムを行った結果

乗りながら写真を撮ることができないので画像がないのですが、、
明らかに低速トルクが上がって乗りやすくなりました!!
きっとハイカムの効果でしょう。

原付のカスタムやパワーアップといえばボアアップが定番ですが、
免許なども必要になるし、

ましてや50cc登録のまま隠れてボアアップなど法律違反は絶対にやめた方がいいです!!

ボアアップの前に、ハイカムだけでもそれなりに体感できるし、
ボアアップより安上がりなのでおすすめです!!

そして何と言っても
タコメーターが楽しすぎる♪

全開で9500回転くらい回るのが確認できました!
これはマフラー交換&ハイカム&パワーフェルター&
しっかりとしたキャブ整備のおかげと思いたい、、、

ほんとは夢の10,000回転目指したいけど
古いのでマージンをとって乗ります、、、笑

原付は本当に部品が安くて、
ホイホイとポチってしまって危険です笑

そして現在はありがたいことに、

様々な情報が
インターネットで得ることができます。

調べて実際にやってみることで
バイクの構造や調整方法などを
家で1人でいても覚えることができます!
(あくまでも自己責任!!)

時間がいっぱいあるこの時期に、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

きっと沼にハマります、、、、

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です